光明幼稚園 園舎紹介




園地面積5681u  園舎面積1238.12u  運動場1178u









 木の温もりを大切にされて出来た当幼稚園。
まず目に飛び込むのはこのウッドデッキでしょう。ホールからすぐ上履きでデッキに出られるようになっています。
 ホール内の舞台です。入園式に始まり、誕生会や生活発表会、そして卒園式など、沢山の催し物で使用されます。2階まで吹き抜けになっており、幼稚園の中心です。冬は床暖房が入り、いつも子どもたちの声が響いています。
 ホールの天井を横切るのは木のトンネルです。こどもたちはここを通って2階を移動します。
 すべての階段はこのように徹底して木材の温もりで包まれています。
 この神奈川県をかたどったオブジェは、創立以来40年の間、子供達を見つづけた旧園舎の廊下の一部分から切り抜かれ、当幼稚園の歴史を受け継ぐように飾られて、今もこどもたちを見つづけています。
 これは主要なドアのアップですが、こどもが手を挟まないようにするための工夫が施されています。こう言った小さな工夫も随所に設計されており、こどもの気持ちになって作られています。
 木をふんだんに使った明るく、風通しの良い教室。全教室自然の光がいっぱいに入ります。
 
いち早く火災の発生を知らせる総合監視盤と、もしもの時に命を守る、自動体外式除細動器(A.E.D)。
 
平成24年9月、新園舎を増築。
 本園舎と同じく、木の温もりを肌で感じられる作りとなっています。檜(ひのき)をふんだんに使用しました。
 本園舎と新園舎は階段で移動出来ます。


 こちらの遊具は子供たちに人気の”なかよしランド”。遊びを通して社会のルールを学ぶ機会となっています
 大人気の”海賊船”。いつもかわいい海賊でいっぱいです!
 光明幼稚園の新しいシンボル、ローラー滑り台。全長23mで、山の上から桜の木を廻って着地します。
 こちらは宇宙船。船長になって、大きな銀河に飛び出そう!!
 やはり根強い人気のブランコ。自分で漕げるようになると、どんどんと加速して楽しくなっていきます。
 こどもたちが自然の中でおもいっきり!走りまわれる広い運動場。
若干のすり傷と共に沢山の思い出がここから生まれます。

お母さんのお洗濯も増えますが・・・
 夏季は組立式のプールを設置いたします。こどもたちはパシャパシャと、気持ち良さそうに遊びます!
 グラウンドで練習する”エストレーラFC”。港北区でも有数な強豪チームです。

当園からもたくさんのお友達が参加しています。